注目

1月のお知らせ

写経について

西宮有馬坊では写経を受付けさせていただきます。
特に、ご法事などでお越しの方々に、ご法事のお勤め後に写経をして、ご供養に深みを持つことが最善かと考えます。
詳しくは、西宮有馬坊に直接お問い合わせください。

この投稿はトップに固定しています。最新の投稿は以下よりご覧ください。

生死の境

お寺の介護はいにこぽん
高齢者住宅の現実
生死の境がここにある
厳しい夜が続く…

生死の苦海ほとりなし
ひさしく沈める我らをば
弥陀弘誓の舟のみぞ
乗せて必ず渡しけり・・・高僧和讃

特に夜勤は2名でその重責を担う厳しい職種


通販生活

お寺の介護はいにこぽん!

「通販生活」新春号に”お坊さんヘルパー”のことを掲載していただきました。

介護職の中でも特に、訪問介護ヘルパーとして、僧侶ならではの考え方や事例などを取り上げていただきました。

凡事徹底

お寺の介護はいにこぽん!

本年の標語は「凡事徹底」と致します。
例えば、感染予防対策などは、消毒・マスク・密回避などの基本的なことを徹底的に行うことが重要です。
合理化、効率、生産性も大事ですが、それ以上に、全ての業務において基本を見直し、あらためて、真摯に丁寧に行うことを人一倍徹底します。

仕事始め!

お寺の介護はいにこぽん!
本年仕事始め、朝礼の様子。
コロナ感染対応などで困難な状況に変わりありませんが、ご利用者さまには快適にお過ごしいただけるよう職員一丸となって取り組みます。

はいにこぽん朝礼

謹賀新年

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
本年もご教導をたまわりますよう心よりお願いを申し上げます。
西栄寺西宮有馬坊は「花供養のお寺」を特徴にして頑張っています。花供養とは、故人のお骨さまをいただいて、お花をお育てしながらご供養することです。
仏教では、お花に多くの意味をもたせてとても大切にします。また、故人を偲ぶ悲しさは仏前に供えたお花が癒してくれます。そのような愛おしいお花とともに、檀信徒みなさまのご安穏を念願致しております。

人形供養祭

ファミリー葬名塩会館にて人形供養のお勤めをいたしました。
お勤め後のお話で、「師走だけにし忘れたことはありませんか!?」と渾身の駄洒落を放ちましたが撃沈に終わりました。
まだまだ修行が足らないと気付かされた次第です。

墓じまいセミナー

「永代供養と墓じまい」と題したセミナーを、西宮有馬坊の吉田僧括が担当しました。
冒頭に、永代供養か、墓じまいか、どちらに興味がありますか?と尋ねましたら、7対3の割合で墓じまいでした。このようなセミナーに参加し、何か方法は無いかと考えることも供養の一つだろうし、ほったらかしにはしないという気持ちがセミナーに参加する動機だとすると、それは尊いことだと思います。

灯籠を置きました!

境内に灯籠を置きました。
この灯籠たちは一般のお家に居た物ですが、廃棄するとのことで、この度、懇意にしている業者さんからの紹介で引き取りました。
あらためて灯籠とは、字の如く、火を灯す籠(かご)です。火は神仏を奉るために重要な供物のひとつでもあるため、神社や寺院には必ず灯籠が置いてあります。
また、灯籠の灯りは、荘厳な神社仏閣を夜に浮かび上がらせることで人々の信仰を強いものにする演出効果もありました。
西栄寺西宮有馬坊も、少しづつ、みなさまのご協力のもと寺院としての形を整えつつ前進しています。

死は存在しない!?

センセーショナルなタイトルの本を読破。
この宇宙には普遍的に存在する「量子真空」の中に「ゼロ・ポイント・フィールド」と呼ばれる場所があり、この宇宙のすべての出来事のすべての情報が「波動情報」として「ホログラム原理」で記録されているという〝仮説〟に基づいて、「私たちの意識も記録されている」という考えが「死後の世界がある」ことに繋がっていく。

私自身が僧侶として大切にしている考え方のひとつである「生命という身体には終わりが来るが、いのちという人格は永遠に生きる」ということと親和性を感じています。