大切な人を亡くされた方へ

大切なひとがお亡くなりになるということは、残された者にとって、とてつもなく悲しいことです。
その悲しみは、言葉に表すこともできないほどに心を締め付けます。

家族であっても、そのお立場で一人一人悲しみ方が違います。
けど、悲しみが違うからこそ支え合えるのです。

悲しみが深ければ深いほどに、残された者同士が寄り添って、
共に枯れるまで涙を流す…
涙には心の浄化作用があると言われています。
どんなに悲しくても、泣きながらでも生きなくてはならないのが、残された者の責務です。

どうか、いつの日か穏やかに感じる日が来ることを、心より念願申し上げます。

渡らねば明日へは行けぬ暗緑の
この河深き悲しみの河
小嶋ゆかり(現代歌人)



もし、悲しいことや苦しいことの負担が大きくなったときは、迷わずこ連絡ください。
西栄寺西宮坊 078−903−2088(24時間応じます)