日本ホスピス在宅ケア研究会

日本ホスピス在宅ケア研究会in久留米にて講演させていただいた際の内容の文字起こしです。

西栄寺 介護福祉事業部の吉田敬一と申します

東北大学大学院 文学研究科 実践宗教学寄附講座

臨床宗教師研修  

記念すべき第一期生として

臨床宗教師の実践と事例

と題した現場リポートをお話しさせていただきます

現在 寺内に 介護福祉部という部署を新しく設営して

宗教法人の介護事業

「お寺の介護はいにこぽん」という事業名で

訪問・居宅・障害福祉・通所・サ高住  を運営

私にとっては、臨床宗教師の実践といえば

お寺による介護事業の実践となります

現在は 東北大学の臨床宗教師研修と

種智院大学の臨床宗教師研修の現場実習を一部

我々の介護福祉部が受け持っております

「お坊さんヘルパー」というジャンルを確立すべく

特に訪問介護の現場で奮闘しています

さらに地域の病院や福祉施設

地域包括支援などの依頼で

問題を抱えている支援の必要な方のもとに伺い

じっくりとお話を聞いて

次の段階の支援につなげていくような

試みも行なっています

私にとって

お坊さんヘルパーと臨床宗教師は地脈でつながっている

最初は僧侶として

なにか行動を起こしたいという一心から

ホームヘルパーを取得し

高齢者施設にボランティアとして伺いました

その活動名が「聞き屋」といいます

お坊さんとお話しませんか?

傾聴ボランティアです

でも 実際は 話聞くだけではなく なんでもします

入浴介助 食事介助 トイレ介助 お使い お部屋掃除

つまり ご用聞き屋です

東北大学で臨床宗教師研修を受講した後

緩和ケアホスピスでも活動をしました

どういうことをするかというと

朝の看護師さんの申し送りに参加し

その後 環境整備の一環で

すべての患者さんのお部屋に伺い

お声をお掛けします

そうして お話が進みそうな様子の方は

後に看護師さんの承諾を得て

再度病室に訪問します

その他 買い物の付き添いや

散歩に同行しながら お話をお聞きします

特に散歩を機に患者さまと

打ち解けることが多くあります

患者さんが  何らかの処置中に

ご家族が 談話室などで時間を持て余していたら

さりげなくお声をかけて 世間話などをします

ある日

談話室でたたずむ男性に声を掛けました    

その男性の奥様が入院されていて、

すでに奥様はコミュニケーションがとりにくい状態です

お二人の間には子供が居ません

男性は毎日一人で奥様に会いに来ていました

何度か雑談をするうちに

「奥さんにどう接したらいいかわからない」

という男性の悩みを聞きました

奥さんが その男性 つまりご主人のことが

認知できなくなっている というさみしさや

話ができるうちに感謝の気持ちを伝えたかった

というお話をお聞きしました

私は 「大丈夫や ありがとうな」

と簡単な言葉で 

なんども声をかけてみてはいかがですか

と言いました

すると それまでは大声を出したり

うなったりすることが多い奥様が

ご主人が来るだけで 落ち着くようになり

そして ご主人自身にも

笑顔が見られるようになりました

院内でも介護の現場でも

基本は 徹底的に聴き役です         

患者さん利用者さんに

話をするように誘導したりせず

そのことでこちらが焦らないように注意して

患者さん利用者さんが

話したいと思うまではひたすらに待ちます

特に院内では

患者さんの病状やコンディションによっては

結果 誰ともお話しすることなく

一日終わることもありますが、

そういう日は、談話室や台所の掃除をするなど

できることはなんでもしています

ドクターや看護師さん  患者さんから依頼があれば

断らずなんでもお手伝いします

聞き屋だからといって

いきなり話を聞きますと現れても

ほとんどの人が話そうとされません

したがって聞き屋は

さまざまな雑用の依頼を受けることからはじまります

そして 用事を言いつけてもらうために

こころがけていることがあります

それは

「ちょうどええとこに来たな!」

と言ってもらえるようなところを探す

これは患者さんから与えていただいた

私の課題です

ある方の部屋に 昼食後病室にお邪魔したら

「ちょうどええとこに来たな」

「タバコ吸いにつれて出てくれへんか」と言われました

看護師さんに相談しましたら

「見て見ぬ振りするから….」と

患者さんは、「助かるわあ」とよろこんで

「毎回 昼食後に来てくれへんか」とも言われ

以後話が深まっていきました

離婚した話  子供から嫌われている話

仕事の話  ふるさとの話に至った時は

声を出して涙を流されました

現役世代です…「くやしい」と言われました

「死んだらどうなるか」と聞かれ

「先に亡くなったお母様と再会して

抱きしめてもらってください」  とお答えしました  

私の場合  お話をお聞きするときの姿勢は       

できるだけ横並びに位置して 向き合わないようにします 

話が深まれば その話を聴く姿勢を保つだけで

汗がしたたり落ちることもあります

それだけ 聞くって力を使うと思うんですね

でもこれらは技ではないと思います

技法的に学ぶのではなく

人格によるところの総合力だと私は考えています

その人格形成に  宗教は極めて重要かと思います

 介護事業でも  病棟での活動でも

季節の行事があるときは、 積極的に参加します

これは 初めて病棟の夏祭りに参加した時

たこ焼き カキ氷 わたがしの屋台を

お手伝いしたのですが

患者さんが活き活きしている姿に感動しました

普段はなかなか食事がのどを通らない

と言われている患者さんも

ノンアルコールビールで乾杯し たこ焼きをお代わりして

看護師さんを驚かせたりしていて

ここで  お祭りという行事の力を知ったんですね   

クリスマスも患者さんのリクエストで

サンタクロースに扮しましたが

このときは  看護師さんたちに

「サンタク、、、ボーズ!」といわれて

かなり好評を博しました

ある六十代の女性は  私の母と同じ年齢

お刺身が好きで  病院の隣のスーパーにお刺身を

一緒に買いに行きましたが 

量が多いので  小分けして欲しいと

店員さんに交渉をはじめました

スーパーのパックになっているお刺身を

小分けしなおすのは難しいのでは と心配になりましたが

交渉に交渉を重ね、

さらに自分の余命がそう長くないことを武器にして

刺身の小分けを勝ち取った 

とても満足そうでした    

私が「やりましたね」というと

「これが主婦の楽しみや」と言われました

ここで感じたのは  終末期といっても

患者さんは日常を過ごしていて

楽しみを見つけている   ということ

それでも楽しみたい

日常にこそ楽しみがある

それができるようにお手伝いをするんですね

この方は 心の想いを深く語ることは 

ありませんでした

でも 主婦として三人の子供の育てるために

日々スーパーに通って

子供たちのためにおいしい食事を作ってきた

そんな 誇り高き母の姿を

その時点で私は聞かされていたことになる

これもひとつの  聞く形

「日々スーパーに行って  おいしいご飯を作って

子供たちに食べさせてきたんですね

本当にお疲れさまです」

「いやいや いつもあるもんでちゃちゃと作るだけや」

と言いつつ 涙を浮かべられた姿は

強く印象に残っています

終末期では

その人の 死への恐怖や苦悩の話を聞いて

それを慰める

もちろんそれはたいせつなこと

しかし 自分の苦しい気持ちを

言葉にすることはとても難しい 

だから話そうとする人は実は少ない

多くの人は

誰にも自分の気持ちを話さずに  旅立つ

一人きりで自分の命と向き合う人が多いように思う

そして多くの人は 死に直面した時の恐怖に

一人で向き合う強さを持っている

でも   その強さがくずれる瞬間があります

病室にお茶の交換に伺いました

その方から、テレビの上にあるティッシュを

取ってほしいと言われました

私は 手の届くところに置いて差し上げました。

すると 急に私の手を強く握られました

私も両手で強く握り返した

その方は 咳が激しく 常にタンが出るんですね

手の届くところに ティッシュが必要なんです

でも看護師さんが  処置のあと忘れたんですね

何気ないことなんですが

その方は 私に言いました

「誰もわかってない  何がホスピスや」と

そして 「たすけてくれ」と

嗚咽しました

私は  

「心残りなことがすべて消え

如来の大悲に抱かれますよう」

と なんども小声で祈りました

終末期医療や介護の現場の中に 

お坊さんがいることは

不謹慎という考えもあります。

その考えには十分配慮をしつつ

まず 宗教者という鎧をつけない

生身の私自身が

どうあるべきかを意識しています

患者さんが

生身の私自身を評価して下さったら

自然と対話が生まれるだろうし

話してよかった  と  お聞きしてよかった と

互いが思えるように意識しています

これはつまり 臨床宗教師 僧侶 お坊さんヘルパー

おせっかいな近所のボランティア

どの私が支援者なのかを評価するのは

患者さんや利用者さん側で

私が行う支援が 

宗教的特性を活かした支援かどうかを 評価するのも

患者さんや利用者さん側なんですね

今現在は、お寺の介護はいにこぽん

という事業所の責任者を務めて

専念しております

この はい にこ ぽん ですが

はい即答  にこっと笑顔  ポンと実行

という教訓です

開設二年半を迎えますが

利用者は100名ほどに至っております

僭越ながら

事業としては優秀な成績だそうです

これは お寺の介護やお坊さんヘルパーといった

目新しさの中にも

お寺やお坊さんという 古くから培われてきた

信頼がまだまだ活かされていると

自己評価しています

ここでお坊さんヘルパーの特徴と役割について

解説申し上げたいと思います

われわれの介護福祉事業部には

お坊さんヘルパーと共に

普通のホームヘルパーも在籍しており

それぞれが高齢者の要望に添った支援をしていますが

お坊さんヘルパーは

一次的には普通のホームヘルパーとしての介助に徹し

二次的なところで高齢者の信仰に基づいたお話の傾聴

家族との死別による悲嘆へのグリーフケア、

また宗教的道具などへの丁寧なアプローチ等

高齢者の心の自立支援を宗教的ケアで補助する

これら一次的二次的な支援を場面に応じて

連続的かつ重層的に実践することが

お坊さんヘルパーの最大の特徴であります

さらには  高齢者支援だけでなく

普通のホームヘルパーが抱える

体力的また精神的負担を緩和するために

お坊さんヘルパーが後方支援することも欠かさない

宗教者は 教義の伝道によって

信者の教化を図ることが本分だが

お坊さんヘルパーは

お坊さんヘルパーでいる時は

教義で導くことはあえて行わない

むしろ 

伝道を行わない時や行うべきではない時にこそ

新たな宗教者の姿があると

模索して生まれたのが

「お坊さんヘルパー」である

これはまさに、臨床宗教師の研修で得た学びが

そのまま活かされている。

どういうことかというと

在宅  訪問というフィールド

日常というシチュエーションにおける支援で

最も重視しなければならないのは

被支援者本位と自立支援なんですね

身体的支援であれ 生活援助であれ

また教義の伝道であれ

過剰な支援は 支援の依存を生んでしまい

その方の生活の質を低下させてしまうんですね

そこを踏まえて適正な支援を計画する

ここではプロの考え方や技術が必要

これが   臨床におけるスキルであり

宗教者がもっとも注意しなければならない

ポイントだと思うんですね

ある利用者は 身寄りがありません

末期のガンです

入院している病院から

最期は長年住んだご本人の自宅に帰って過ごしたい

との希望で我々が準備しました

ドクターとも打ち合わせを重ねて

医療的なケアの部分は訪問看護を手配して

お坊さんヘルパーや女性ヘルパーが

入れ替わりに訪問するような介護計画を立てました

そしていよいよ我が家に戻られました

翌朝は  

ケアマネが朝一番で様子の確認に伺いましたが

夕べのうちにお亡くなりになっていたんですね

われわれはとてもショックを受けました

ご本人の希望とはいえ  本当によかったか

ご自分の家とはいえ

たった1日過ごしただけ

ご自身の希望とはいえ

一人きりで旅立たれた本当によかったか

この件については  みんなで話し合いました

かなり真剣に深く話し合った結果

退院してきた日の嬉しそうなお顔や

私たちに何度も

ありがとうって  お礼を言ってくださったこと

また

その方の最後は一人だったとしてもそれは瞬間的で

その方が暮らしてきた家にある空気や

思い出の詰まった生活用品に包まれた一夜であり

そして

最期は自宅でというご本人の意思が何より強かった

さらには  もしものときは  お坊さんヘルパーが

誠心誠意 供養をしてくれるという約束もあり

決して無念ではないだろうな

という結論に至りました

けれども  ほんとうによかったのかどうか

このことの意味を考えながら

これからも進んで行かなくてはならないと

気持ちを強くしています

あらためて臨床宗教師とは

医療や介護福祉など現場に赴き

宗教者の特性を活かした

対人援助を行うため

ある一定のスキルを学ぶための研修を

受講するところから始まります

研修後は  それぞれが自らの行える範囲で

自分らしい対人援助を日常の中で

模索しながら活動していく

さらに ひとたび震災などが発生すれば

臨床宗教師仲間の連携によって

的確な被災地支援を実施する

ということになろうかと

臨床宗教師が

どれだけ 臨床という現場で活躍できるかというと

それは 先ほども言いましたが

臨床宗教師  僧侶  お坊さんヘルパー  

おせっかいな近所のボランティア

どの私が支援者なのかを評価するのは

患者さんや利用者さん側で

私が行う支援が 

宗教的特性を活かした支援かどうかを評価するのも

患者さんや利用者さん側なんだ

ということをふまえて

立場や知識などが削ぎ落とされた  

生身の私が

苦悩や悲嘆の渦中で

患者さんや利用者さん 檀信徒と共にもがきながら

一筋の光を見出していく

これが宗教の原点であろうし

これこそが  臨床宗教師の実践であると

こう考えています