読み書き問い

「読み」「書き」「問い」三要素の中でも「書く」時が一番たいへんだ。
考えが深まるって考えすぎれば、無駄で余計な事ばかり書いている。
考えない方が良いかというと、それはそれで薄っぺらい。
思考は深めながら極めて自然な状態で書くことが果たしてでけるかどうか。
このような脳の状態を「アルファ波が出ている」という。
実は、僧侶の瞑想中も脳内では「アルファ波が出ている」状態だ。
体は超リラックスして半分寝ているに等しいが、頭は冴えまくっている状態。

この夢のようなタイミングで書きたい大事なリポート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + fourteen =