内科部長の話を基に

2013ー7/22
昨日の内科部長のお話は、最期のひと時について、実例を基にした大変興味深いお話でした。最期のひと時に何を考えるのか。
最期のひと時に何をするのか。
最期のひと時に向けて何を準備するのか。
より良い最期には、痛みの緩和が非常に重要だと。
最期のひと時にも、人は希望を持てると。
今日は、緩和ケアホスピスでの活動です。
患者様の心の痛みが少しでも和らぐように尽くして参りたいと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − two =