ミナト神戸の宗教とコミニティー

関西学院大学キリスト教と文化研究センター「ミナト神戸の宗教とコミニティー」のじぎく文庫

来たる『WCRP平和と和解のためのファシリテーター養成セミナー』
第1回神戸開催に参加するため予習します

以下、本書より

多様な宗教の共存
神戸市、わけても中央区の人口12万7506人(2011年)の内、外国人が94カ国1万2192人居住している。しかも彼らはそれぞれ固有の宗教に生きており、そして各宗教が中央区という小さな空間に100年以上も長きにわたって共存してきている。このような小さな地域に、「ミナト神戸」成立以前の神道の生田神社及び北野神社、仏教モダン寺、そして「ミナト神戸」成立以降におけるキリスト教のカトリック、正教会、聖公会、プロテスタントの各教派、ユダヤ教のシナゴーグ、イスラームの神戸モスク、関帝廊、ジャイナ教、シク教、ヒンドゥーなどの多様な宗教とコミニティーが平和的に共存してきた歴史は、国内において例を見ないのである。そればかりか、国際的に見てもこのような小さな地域において多様な宗教が共存してきたことは稀有な現象とも言えるであろう。その意味で、9・11以降の世界の状況の中で、ミナト神戸の宗教多元的・文化多元的状況は重要な意義をもっていると言わなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 12 =