哲学な人たち

爆笑の一冊
ソクラテスの石頭
プラトンの対話ヘン
アリストテレスの論理が苦
デカルトのあきれた方法
ルソーの風変わりな契約
カントの几帳面な批判
特にカントについて、カントマニアが合コンの席で隣に座った
無防備な女性にのたまうくだりでは、蟻地獄のように少しづつ
理解不能の世界に引きずり込まれる描写がピカイチである。

清水義範 「考えすぎた人 お笑い哲学者列伝」 新潮社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + thirteen =