バンカー

今日は西脇CCでゴルフの日でしたが、バンカーで2回も捕まり、なんと北コースの6番ホールは13打をたたき、さらに、8番ホールでは14打もたたきました。
年に何回かバンカーの呪いに捕まることがある私ですが、昨日は、一緒に行ってる仲間に、私の名前を「吉田敬一」ならぬ「吉田砂一」とあらためお呼びいただきました。
仏教のお経には「恒沙塵数・ごうじゃじんじゅ」という言葉がよく出てきます。
恒沙はガンジス河のことで、塵数は河底にある無数の砂つぶを指しています。
ガンジス河の砂つぶの数ほど仏様がいて、いつも私たちを見守っているとい意味でこの言葉がお経には登場します。
そのように思えばバンカーの砂つぶが愛おしく感じる私です。
いや〜ん バ ン カ〜

南無阿弥陀仏を唱えれば
観音勢至はもろともに
恒沙塵数の菩薩と
かげのごとく身にそえり……現生利益和讃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − eleven =