旧友

久しぶりに旧友が3人集いました。
そのうちの一人とは20年ぶりです。
各自それぞれ当時からすれば、生活環境が激変しています。
でもこうして久しぶりであっても、当時のまま自然と話せるものですね。

禅宗の祖。道元は「同事というは不違なり。自にも不違なり。他にも不違なり。」と示しています。
これは、他人と同和するとき平凡な自分であるべきことをことさら強く戒めて、他人と同じく時を過ごすための極意であります。

今夜は、僧侶という立場を忘れて、旧友との時間を楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + eighteen =