大阪の出来事

大阪の出来事
2009-02-03 13:13:05 (321 days ago)
大阪の五十代の女性が、約200名から15億ほどのお金を集めていたとのニュースをみました。
株価先物取引で集めたお金を運用していたようですが、出資者に配当が支払えず、読売新聞の独占取材でその経緯を語っておられます。
「昨年に起こったリーマンブラザーズ破綻から流れが一変した」と。
そこで感じることは、やはり、仏教が示す「縁」のこと。「すべてのすべては、縁によってつながっている…」
昨今起きている金融危機からの世界大恐慌で、思いもつかないところで、思いもつかない形でその影響が出ているようです。
この大阪の出来事も、出資者からすれば、知り合いの女性に「自分の虎の子のお金を預けた」という事実があるだけで、その先の、複雑に絡みあった世の中の出来事よってそのお金がすっ飛んでしまった事は、受け入れがたいおそろしい現実です。
ほんとうに気の毒でなりません。

世の中で起きているすべての出来事に対し、そのすべてのつながりは巡り巡ってなんらかの形で自分に及ぼしているのだと考えさせられる大阪の出来事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =