阪神タイガース

2014ー10/29
私は阪神タイガース信者だ。
29年前に日本一に登り詰めた時、私は青春真っ只中の16歳だった。
岡田、掛布、バースの三連続バックスクリーンもその瞬間をTV中継で見ていた。
しかも、当時の優勝監督は『吉田』監督で、並々ならぬ親近感を持っていた。
その虎党の私が、この数日の日本シリーズはとても冷静に見れている。
それは何故かがわかった!
やはり正直、ペナントレースで優勝していないもどかしさがあって、逆に、ペナントを制したSBに目がいってしまう。
さらに、あの、あの世界の王さんから引き継いだ秋山監督の勇退… 生え抜き若手の多い選手層…諸行無常です。
そんなこと思い巡らせば、どちらが勝とうとも、白球を追いかける一流の選手たちを観ているだけで、幸せな気持ちになれます。
でも、もしタイガースが、このシリーズを制したら、河に飛び込む人達が続出しても、温かい目で見守ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =